W50プロジェクト

写真集について

写真集「今を生きる50人の女たち」表紙

Creative Style of 50 WOMEN 今を生きる50人の女たち

Creative Style of 50 WOMEN
今を生きる50人の女たち

Produced by KAZUKO TSUCHIYA
Photos by REIKO CHIBA

パリッシュ総合研究所
定価:本体1,300円+税
ISBN978-4–939064-10-4


群馬を拠点に全国へ、世界へ ―
さまざまなステージで日々活躍する50人の女たち

その声をプロフィール写真とともに紹介する写真集です。

 

ここに登場する50人で「W50プロジェクト」を組織。
コラボレーションにより、さまざまな企画を立ち上げ運営していきます。

本書に登場する女性たちへの講演やセミナー依頼、お仕事のご相談などは、お問い合わせページより承っております。

 


 

Photographer フォトグラファー

REIKO CHIBA

PROFILE

reiko_chiba群馬県前橋市出身。34歳の時、海外で出版された大人の女性たちの写真集と出会い衝撃を受ける。翌年、自らがプロデューサーとなり、男性フォトグラファーとコラボして、女性を撮影するプロジェクト「BP-ROOM」をスタート。36歳の時、女性目線こそ女性の一番美しい瞬間がわかるのではないかと考え、独学でカメラを始める。これまでに数多くのオーバー40の女性たちを撮影。個性を引き出し、優しさや内なる強さ、躍動感を感じる撮影技術に定評がある。

▶連絡先
「BP-ROOM」
TEL. 080-5488-0600
メール butterfly66rc@gmail.com

Editor エディター

阿部奈穂子 Nahoko Abe

PROFILE

abe_nahoko群馬県前橋市出身。新聞社、雑誌社勤務を経て、フリーのエディター&ライターとなる。現在は編集プロダクション「オリーブ・アンド・パートナーズ」代表。雑誌、書籍、インターネット、コーポレートツールなどさまざまな媒体で、企画から取材、執筆、編集までを手掛ける。

▶連絡先
「オリーブ・アンド・パートナーズ」
メール nappy@myad.jp

Hair and Make up artist ヘアメイクアップアーティスト

小川真穂 Maho Ogawa

PROFILE

ogawa群馬県前橋市出身。著名な美容家である祖母、母を持ち、3代目として、劣等感を抱えつつ美容の道を志す。東京美容学校卒業後、「カットの本場はロンドンだ!」と思い、渡英。Mark Hayes氏に師事。ヴィダルサッスーン インターナショナルマスター取得。その後、渡米し、NY州美容資格Cosmetology取得。帰国後、25歳で起業する。現在は「CNC ASSOCIATES」代表、「オリジナルウェディングCNC」代表取締役副社長。テレビ出演者のヘア担当、厚生労働省職業訓練校などのメイク講師も務める。

▶連絡先
「シー・エヌ・シー」
群馬県前橋市南町3-35-1
TEL.027-223-4700

堤美苗 Minae Tsutsumi

PROFILE

tutsumi群馬県前橋市出身。前橋市朝日町のサロン「Hair HAND’S」でサロンワークを行う一方、プロフィール撮影のヘアメイクアップアーティストとしても活躍。ナチュラルで品のあるヘアメイクを得意とする。リフレクソロジーやカイロプラクティクスの資格も持ち、「癒しやリラクゼーションを提供しながら、女性たちを美しくすること」がポリシー。

▶連絡先
「Hair HAND’S」
群馬県前橋市朝日町1-2-15
TEL.027-224-6652

Graphic designer グラフィックデザイナー

木暮しのぶ Shinobu kogure

PROFILE

kogure群馬県佐波郡玉村町出身。都内デザイン事務所にグラフィックデザイナーとして入社。その後、前橋のデザイン会社を経て、現在はフリーランスとして県内・都内を中心に活動。企業の広告、雑誌のエディトリアルデザインなどの制作を手掛ける。

▶連絡先
木暮しのぶ
メール shinobu@pio.jp

中山美津子 Mitsuko Nakayama

PROFILE

nakayama群馬県渋川市出身。県内のデザイン会社にデザイナーとして入社。その後、広告代理店、出版社勤務を経て独立。現在はフリーのグラフィックデザイナーとして活動。主にグラフィックデザイン・エディトリアルデザイン全般(パンフレット・パッケージ・雑誌・ロゴマークなど)紙媒体を中心に手掛ける。

▶連絡先
中山美津子
メール m-nakayama@rk9.so-net.ne.jp

 


 

tsuchiya_kazuko

Special Thanks

会社を興して来年で20年になります。“女性”というテーマでさまざまな事業をやってまいりました。仕事を通して多くの女性たちと出会い、力強く前向きに生きる姿に勇気づけられ、感動し、共感したものです。

節目の年に、今まで出会った女性たちを皆さんに知っていただきたいと思ったのが、本書の出版の動機です。今回はその中でも、群馬県内で自分のお名前を立てて1人で活動していらっしゃる方を中心にお声がけさせていただきました。取材で久しぶりにお会いし、時間を忘れて女同志の話に花が咲きました。それぞれに時間が流れ、その間、さまざまな苦難を乗り越えながらも自分の道を歩いていらっしゃいました。そして今、写真集の中の笑顔に至っています。彼女たちの生き様が、“今のぐんまの風”を通して伝われば嬉しく思います。

最後に、制作スタッフに感謝いたします。魂を注ぎ、私の思いを共に写真集というカタチにしてくれた編集者の阿部奈穂子さん。抜群のクオリティーで本書を彩ってくれたデザイナーの木暮しのぶさん、中山美津子さん。その一瞬を逃がすまいとレンズを向け続け、不眠不休で向き合ってくれたフォトグラファーの千葉礼子さん。そして、最高にステキな美を提供してくれたヘアメイクアップアーティストの小川真穂さん、堤美苗さん。

全員女性のプロジェクトです。これほどみんなの力が結束されたと感じたのは久々のことでした。本当にありがとうございました。

パリッシュ総合研究所  土屋 和子